「定年までに考えておくこと」

〜プレシニアという新しい生き方〜

 

目 次

はじめに

第一章 シニアではない、プレシニアという新しい生き方

    〜「現役」「シニア」しかない二者択一の生き方への疑問〜

   ◇六十五歳に定年を引き上げれば、不安は消えるのか?

  ◇「現役」と「シニア」しかないという二者択一の常識を疑う

   ◇六十歳過ぎても働きたい人にとって、六十五歳定年延長は毒水である

  ◇「月十万円の収入」を目指すという考え方の真意

   ◇「時間」「場所」の拘束、そして「ストレス」から自由になる

第二章 プレシニアという新しい生き方には準備がいる

    〜四十歳を過ぎたら考えたい定年までの道程〜

  ◇会社の「名刺」「研修制度」を、準備のためにフル活用する

  ◇仕事発注先も将来はクライアントになると心得る

  ◇浅くともオールラウンドプレーヤーになること

  ◇会社にいるうちは「定期検診」を必ず受けておく

   ◇定年までの道のりは「スタートラインに向かう時間」だと考える

第三章 「いつ会社を辞めるか?」、「何の仕事で月10万円稼ぐか?」を知る   

    〜自分自身を客観的に把握する方法--WOTS分析---

   ◇自分の長所、弱点を、まず客観的に把握する

   ◇WOTS分析とは何か?

   ◇新しいビジネスを始めるとき、人は「弱み」と「脅威」を把握できない

  ◇状況は常に変動していくことを忘れない

   ◇会社を辞めるか? 独立するか? そのときのWOTS分析

   ◇独立・自営を決意。そのときのWOTS分析

第四章  サラリーマンを辞めてプレシニアをスタートさせる

    〜「起業」ではなくICを目指す〜

  ◇プレシニアは「起業」ではなくIC(インディペンデント・コントラクター)を目指す

  ◇会社を辞めるタイミングはいつか?

  ◇「弱み」を克服するために、一年間限定でする転職という方法

  ◇技術者が陥りやすい「シーズ・オリエンテッド(種志向)」というワナ

  ◇「ラーメン屋を始めたい」、「定年延長か転職するか?」二つの事例分析

  ◇「いままでの生活をそのまま続けていったら」という前提は捨てる

  ◇プレシニアにとって、住居のリセットは最重要項目

  ◇家の空間も、今までの常識を捨てると広くなる

  ◇毎日通勤しなくてもいいことを、最大限のメリットにする

  ◇住宅ローンの完済は「家を手放す自由を得た」と考える

  ◇プレシニアにとって車は二重の無駄である

  ◇ICとなったプレシニアにとってパソコンは最強のパートナー

第五章  ICとして月10万円楽しく稼ぐための八カ条

    〜ストレスフリーの仕事をする技術〜 

  ◇報酬は相手からの拘束をさけるため、「定額」と「成功報酬」との組み合わせにする

   ◇仕事が軌道に乗っても、人は極力雇わない「外注」を活用する

   ◇人と会う時間を決して無駄と考えてはいけない

   ◇無駄な仕事をしないために、メディアの情報に敏感であれ

   ◇プレゼンの時間は三十分。最初の三分が勝負と思え

  ◇目標を立てたら必ず公言する

  ◇楽しく稼ぐために、たまに仕事のハードルを上げて刺激する

  ◇交渉事は、自分の経験と情報を盲信してはいけない

第六章  すでにプレシニアを実践している人々

    〜体験者からひもとくプレシニアの生活〜   

  ◇希望退職制度を利用して辞めたIさんの場合

  ◇趣味を仕事にしたくて会社を辞めたYさんの場合

    ◇自分のサラリーマンとしての出世に見切りをつけて会社を辞めたKさんの場合

第七章  プレシニアライフを続ける絶対条件、健康について      

    〜サラリーマンを辞めたら、食生活もリセットする〜

   ◇サラリーマンを辞めたら、食生活も変える

  ◇家森幸男先生がひもとく食事と健康の重要な関係

  ◇プレシニアのファッションは、スニーカーとリュックサックで

   ◇私の持論「おいしものは体に悪い」

  ◇七十歳を越えてもプレシニアでいるために

第八章  パソコンこそ、プレシニアの最強の武器

    〜パソコンは“携帯事務所”と考える〜

   ◇どのようなパソコンがプレシニアに向いているのか?

  ◇“事務所”を持ち歩くICにとって、パソコンはできるだけコンパクトに

  ◇パソコンが“携帯事務所”になる、IT環境の大進化

  ◇盲信は非常に危険! パソコンは壊れることを前提に

  ◇“携帯事務所”を円滑にさせる機器たち

はじめに へ                       JRNトップ へ